保健

心も体もしなやかですこやかに


キレイになったかな?

産休明けから就学前までのさまざまな年齢の子ども達が、衛生的で安全なより良い環境の中で、健やかに育つよう支えるのが保健活動です。

保育士や栄養士等との連携により、子ども達の小さな変化や訴えにも耳を傾け、対応し、笑顔で園生活が出来るよう心がけています。

健康教育


全園児健診
園医の前原先生の健診

  • 生活習慣の中で、子ども達が“自分で行える健康への配慮”の手助けとして、様子みながら行います。
  • 年齢に応じた口腔内の清潔(うがい)
  • 年齢に応じた手洗い指導
  • 手足の交互洗い(毎日の皮膚のたんれんとして)
  • 薄着に慣れる(気温に合わせた着脱)

手洗い指導

洗う場所のポイントをおさえ、楽しくやっています。

ブラッシング指導

食べ物を食べる前と後の口の中の汚れの具合を知り、“磨くと気持ちいい”ということを体感して覚えます。

保育園での健康管理について

身体測定 毎月(全園児)
健康診断 0歳児クラスは、毎月。(1~5歳時は、春・秋の年2回)
歯科検診 年1回(全園児)
視力検査 年1回(3・4・5歳児)

ほけんだより

毎月発行しています。
健康に関するいろいろな情報を提供します。

ほけんだよりはこちら >>